MENU

僕は某大学のラグビー部に所属する3年生です。ラグビー部は言わずもがな男社会の体育会系。そのうえ毎日休みなくキツイ練習があるので女の子と知り合う機会は皆無です。彼女が欲しいなと思ってもそんな暇はありません。それでも年頃の男ですから性欲は旺盛です。毎日エッチがしたいと悶々としていました。

 

そんな時、神待ちというものを知りました。帰る場所がなく困っている女の子を自宅に泊めてあげて、お礼としてエッチが出来るかもしれないという、性欲が溜まりに溜まっている僕にとっては夢のような話でした。これなら練習で忙しくても都合よくエッチが出来るかもしれないと思い、早速ツイッターで神待ちをしている女の子を探してみることにしました。

 

なぜツイッターを使って神待ちをしている女の子を探したのか、その理由はとても単純です。
普段の生活では決してそんな女の子と出会うことが出来ないからです。だけどネットなら普段知り合う事がない人とも出会う事ができるだろうし、泊まるところを探している女の子もたくさんいるんじゃないかと思い利用してみました。それに最近ではSNSを通じて男女が出会うのが当たり前のようになっているとニュースで聞いたことがあります。女の子もネットを通じて出会う事に抵抗がないので、普段の生活よりは比較的簡単に探すことが出来ると思いました。

 

その予想は的中しました。僕はいとも簡単に神待ちをしている女の子を見つけることが出来たんです。その女の子は僕と同い年の女子大生。写真が掲載されていたので確認してみると、驚いたことにもの凄い美人でした。こんな美人とエッチが出来ると思うと、それだけで興奮してしまいます。僕は早速「良かったら僕の家に泊まりにおいでよ」とメッセージをしてみました。

 

 

自己紹介
21歳男子大学生3回生

 

ラグビー部に所属する大学3年生。キツイ練習に明け暮れる毎日。そのうえ男社会という事もあり出会いが全くない。彼女を作りたいがそんな暇はないので、せめてエッチだけ出来る都合の良い女の子と知り合いたい思い、神待ちをしている女の子を探すことにした。しかしツイッターでたまたま見つけた神待ちをしている女の子に、悪質サイトに誘導されてしまう。その時ラグビー部のOBに優良出会いサイトを勧められ、実際に使ってみたら簡単に神待ちをしている女の子と出会う事ができ、エッチをすることに成功した。